ローテローゼ 東京ドイツワイン試飲・販売会2019 に参加した

シェアする

ローテローゼ 東京ドイツワイン販売会 2019 会場


こんにちは。のりお。です。

徐々に春に向かって季節が変わりつつありますね。

そんなわけで、今回は
「ローテローゼ 東京ドイツワイン販売会2019」
に潜入してきました。

広告

ローテローゼ 東京ドイツワイン販売会2019 とは

ローテローゼ 東京ドイツワイン販売会 2019

ローテローゼ 東京ドイツワイン販売会2019とは、

今回来日するフランケン地域、ヴァイングート ヨハン・ルックのワインを中心に
直輸入ドイツワインを約50種類が用意されているようです。
用意されたワインは全て会場で1本から購入でき、宅急便による配送もできるそうです!

ドイツワイン 試飲会・販売会ですので
試飲したワイン7日で気に入ったワインを購入できる
とても楽しいイベントです。



さっそく潜入してみましょう!!

イベント概要

  • 名称:ローテローゼ 東京ドイツワイン販売会2019
  • 主催:ローテ・ローゼ
  • 日程:2月22日(金)~24日(日)
  • 時間:12:00~19:00
  • 場所:ウルトラスーパーニュー・ギャラリー
  • 入場:1,000円
  • ▼交通アクセス・最寄り駅
  • 山手線「原宿駅」徒歩20分ほど


試飲したワイン

今回も数多く試飲し、興味のあるワインを見つけたのですが
なかなか写真が撮れませんでしたm(_ _)m

ゲルバー ムスカテラー トロッケン 2017

ゲルバー ムスカテラー トロッケン 2017

Gulber Muskateller D.Q troken 2017



まずはこちら、
ゲルバー ムスカテラー トロッケン 2017です。
マスカットのブーケが特徴で辛口の白ワインとのことです。
飲んでみるととても爽やか!!
マスカットの甘みと酸味の凝縮感をしっかりと感じ取れます。
ワイングラスに伝わる香りが爽やかに広がります。

ドイツの辛口は結構甘いと感じるなぁ。
おいしいです!!

グラオアーブルグンダー トロッケン 2017

グラオアーブルグンダー トロッケン 2017

Graver Burgunder D.Q troken VDP Ortswein



こちらのグラオアーブルグンダー トロッケン 2017は
樽香があり、比較的重厚がある辛口だと感じました。
のりお。的には好みの味で余韻まで楽しむことが出来ました。

ソラリス アイスヴァイン 2016

ソラリス アイスヴァイン 2016

wine solaris eiswein 2016



最後がこちら、
有料試飲のコーナーにあった
ソラリス アイスヴァイン 2016です。

最近のドイツではソラリスのアイスヴァインはなかなか
手に入れられないとのことでとても興味を持ちました。
口当たりがとてもまろやかで
残糖がしっかりとあり複雑味がぎっしりと凝縮されているのを感じました。
口の中で徐々に溶け出し、喉を通ったあとも、溶け出した複雑味が
吐く息とともに鼻奥に伝わりました。

お、おいしい。。。


たくさん飲みましたよ。
最後のソラリスのアイスワインでばっちり締まりました。
ドイツワインのみを販売会に参加したのは初めてだったので
インポーターさんのお話も聞けてとても勉強になりました。



それでは!!