Duvel(デュベル) を飲んでみた

シェアする

綺麗なグラスに注いだDuvel

こんにちは。二度寝専門家ののりお。です。
norio

最近、新しいスマホを買おうか迷っているのですが、興味が有るのが流行りの格安スマホです。
普段あまり携帯を使うことがないので、高い通信料を払うのが嫌になってきているところで、
イオンのスマートフォンが月額480円から使用できるっていうのを知ってすごい気になる。

それでは、
今回はビールなのに瓶内熟成された一本をご紹介します。

今回の「味」との出会いは…  

<Duvel(デュベル)> です





No.0010

Duvel

Duvel

いきなりですが皆さん。

“瓶内熟成”

というと何を思い浮かべますか?

おそらくほとんどの人がシャンパンなどのワインを想像することだと思います。
シャンパンなどを製造する時、瓶内で発酵させて独特の泡を発生させています。

それをビールでもやっちゃいましょう!
というのがこのDuvelです。

瓶内に糖類と酵母を入れてから、その期間はなんと90日間

「Duvel」とは製造元のある地域の方言で「悪魔」と言う意味です。

悪魔のビールなんて言われるほど人気のベルギービールです。
悪魔のビールって普通に考えればもう中二病感丸出しですよね(笑)カッコいいですよね。

なんとこのビールには、専用のグラスまでついていました。

もうそっちにばっか目が行ってしまいます(笑)

デュベル専用グラス
洗いたてでちょっと見づらいですが、香りを重要視したデザインをしていますね。

見て下さい!!
瓶の底!!

「D」

って描いてあります!

デュベル専用グラスの底

シャンパン・グラスの内側の底にあえて傷を入れることで綺麗な泡立ちを表現することが出来るけど、
ビールグラスでこの細工をするっていうのが、良いですよ良いですよ!(笑)

専用グラスというだけあって、かなり凝ったデザインをしています。


◎ちょっと豆知識◎

  • ゴールデン・エールって…?

ゴールデン・エールは、世界的に有名なおじさん”マイケル・ジャクソン”さんが命名したビールのスタイル。(King of Popの方じゃないよ)
淡い金色をしている上面発酵ビールで、クラフトビールの流行りに乗って最近増えつつあるスタイルです。

それでは!Duvelを専用グラスに注いでみましょう。
Duvel-open
グラスに入ったビールの色がまあ〜〜〜〜綺麗ですね。
それに泡がすごい!
よく見ると真ん中からちゃんと綺麗に泡が立っています!

小洒落た悪魔もいるもんなんですねぇ。

それでは新しい「味」と出会えたので、テイスティング・ノートを作成していきます。

テイスティング・ノート

No.0010Duvel
生産地ベルギー
醸造所デュベル・モルトガット
原材料麦芽、4種類のホップ、糖類、酵母
スタイルゴールデンエール
アルコール度数8.5%
内容量330ml
香り柑橘系の爽やかでほのかな甘味のある香りと、酵母の香りが広がっている。
味わい骨格がガッチリとあり、ガツンとくる濃い味わい。瓶内熟成されたまろやかな泡が素晴らしい。
コスパ★★☆☆☆
おすすめ度★★★★★
一口コメントビールの瓶内熟成はベルギービールとして有名だがぜひ飲んでみて欲しいです。他のビールにはない泡感を楽しんでください。

テイスティング・ノートもやっとNo.0010まできましたね。
完成まで、まだまだ先は長いですが今後もドンドン紹介していきます。

おすすめのお酒や飲んでみて欲しいお酒があれば、ぜひ気軽にご連絡ください!