ラブラブ♡ヴァイツェン を飲んでみた

シェアする

ラブラブ♡ヴァイツェン メニュー

こんにちは。のりお。です。

4月が近づき新しい年度の訪れを感じますね。
先日、前々から気になり続けていた自家製ビール屋さんに行ってきました。

その名も「西荻ビール工房」さんです!!
もしかしたら、結構知っている方もいるかもしれません。

JR中央線西荻窪駅の北口を出てセブンイレブンを通りすぎて、
そのままテクテクと歩いていきます。
西荻窪駅周辺
なぜか、土日は快速電車が停まらない西荻窪駅ですが、
その町並みは街灯が邪魔じゃない明るさでとても良い感じです。

そのまま歩いて3分ほど、商店街の一角にオシャレな雰囲気のお店です。
西荻ビール工房

この「西荻ビール工房」で出会ったビールを、またまた3回に渡って紹介します。
ではでは!!
中に入ってみましょう…
西荻ビール工房エントランス

今回の「味」との出会いは…  

<ラブラブ♡ヴァイツェン> です

味との出会いは…の箇所でのスマホでの不具合の報告を頂いています。調整をしていますが上手く行かずに困ってます!もう少しお待ち下さい(¯―¯٥)!

No.0028

ラブラブ♡ヴァイツェン

ラブラブ♡ヴァイツェン

なんてセンセーショナルな銘柄だ…

一瞬自分の目を疑います。
もう一回みても「ラブラブ♡ヴァイツェン」です。

ラブラブ♡ヴァイツェンとは一体どんなものなのでしょうか?

入り口の看板にはこんなことが書いてありました。
西荻ビール工房看板
どうやら、このお店の一周年記念ビールのようです。
とはいえ、僕が店員さんに「ラブラブ♡ビールをください!!」
と言うのは中々恥ずかしいものです。

でも美味しいビールを飲むためなら
羞恥心とかありません(笑)!!

ラブラブ♡ヴァイツェンを注いでもらった

このビール工房は普通のパブとはレベルが違います。

なんと!!
カウンターの真後ろの壁中に埋め込まれたサーバーから注ぐんです!!
西荻ビール工房のカウンター
すっげーー!!
かなり面白い構造をしていますね。
ますます魅力的なお店です。
ラブラブ♡ヴァイツェンビール
香りが華やかです!!

生産者に連絡をとってみた

こんにちは〜。
お仕事中に申し訳ないんですけど「ラブラブ♡ヴァイツェン」について、いくつかお聞きしてもいいですか?

大丈夫ですよ〜
どんな内容でしょうか?

西荻ビール工房様

まず、
ラブラブ♡ヴァイツェンに一番合う料理はなんだと思いますか?

ラブラブ♡ヴァイツェンは、スッキリして甘く飲みやすく作られています。
ですので、当店の「アボカド・サーモンディップ」との相性が一番いいと思います。

西荻ビール工房様

へ〜!!
女性に人気のありそうな組み合わせですね。

そうです。
西荻ビール工房は女性のお客様の割合が多いんです。

西荻ビール工房様

開店一周年記念ということで、ラブラブ♡ヴァイツェンを醸造されましたが
なぜ数多くあるビールの中から、このビールにしたのでしょうか?

やはり気になりますよね(笑)
まず、インパクトある名前にしたかったんです(笑)

西荻ビール工房様

ほうほう。
インパクトはかなりありますよ(笑)

さらに、甘くてエステル香がたつビールを作りたかったんです。
実はこのビールは全く加糖をしていないんです。

西荻ビール工房様

そうなんですか!!
香りが華やかでとてもフルーティーなのに、どうなっているんですか?

実は麦芽を糖にする過程で、あえて酵母が食べられない大きさの糖を作ったんです。

西荻ビール工房様

すごい!!
自分達で考えながら作れるってめちゃくちゃ楽しそうですね!!

お忙しい中ご協力ありがとうございました!!

ありがとうございました。

西荻ビール工房様

酵母が食べづらい大きさの糖にするって凄いですね…
自家醸造してるからこそ、こんなに興味深く、面白い話ができるんでしょう。

それでは新しい「味」と出会えたので、テイスティング・ノートを作成していきます。

テイスティング・ノート

No.0028ラブラブ♡ヴァイツェン
生産地日本/東京都/杉並区
場所西荻ビール工房
スタイルヴァイツェン・ビール
Alc.4.1%
内容量full-size
香りジューシーなりんごや柑橘を思わせる力強く華やかなエステル香
味わいかなりジューシーなフルーツ感。ビターなりんごを思わせる。苦味がほとんどなく、贅沢な甘みが口に広がる。名前負けしないほど女性向け
コスパ★★★★☆
おすすめ度★★★★★
一口コメント女性に抜群におすすめ。注文する時は少し恥ずかしいけど、味は間違いなし。男性も贅沢な甘みを楽しめる。

いや〜
飲食店が生産者もこなしていると、ここまで楽しく飲めるものなんですね。
醸造された場所で飲む楽しさが半端ないことに気づいた1日でした。

次回は、同じく西荻ビール工房の「ホットエール」を紹介する予定です。

西荻ビール工房へのアクセス


西荻ビール工房のブログは←こちら!!